CPS & ABC ワークショップ「系外惑星大気の観測とモデリング」

開催案内

系外惑星観測の今日の進展は個々の惑星の姿を描くことに迫りつつあります. 本研究会では, そうした系外惑星観測の現状や試行, 大気構造の理論や数値シ ミュレーションによる予測(想像), 翻って, 地球を含む太陽系の惑星たちで得 られた経験の活用, などなどの側面からの知見を講演者の方々に提供いただき, それらをもとに意見交換・議論を行うことができればと思っています.

日時

  • 2021年3月1日(月)

場所

  • オンライン開催(ZOOM利用)

プログラム

  • 09:50-10:00 (会の説明)
  • 10:00-10:45 小玉貴則(東京大学)「ハビタブル惑星はどこまで理解されてきたか?」
  • 10:45-11:15 石渡正樹(北海道大学)「系外惑星大気想定した理想的設定を用いた大気大循環モデル実験」
  • 11:15-11:45 亀田真吾(立教大学)「WSO-UV/UVSPEXによる地球型惑星大気観測と表層環境推定」
  • 11:45-12:15 中山陽史(東京大学)「系外惑星地球型惑星の表層環境:現実を解釈し、進化を理解する」
  • 12:15-12:45 吉田辰哉(北海道大学)「 火星・地球における還元型原始大気の流体力学的散逸」
  • (お昼)
  • 14:00-14:30 河原創(東京大学)「Exo-JASMINEで探る系外惑星」
  • 14:30-15:00 福井暁彦(東京大学)「TESSトランジットサーベイとMuSCATsによるフォローアップ観測」
  • 15:00-15:30 黒田剛史(東北大学)「系外惑星TRAPPIST-1e大気のGCMシミュレーション」
  • 15:30-16:00 佐々木洋平(摂南大学)「巨大惑星の表層縞状構造」
  • (休憩)
  • 16:15-16:45 鎌田有紘(東北大学)「ノアキス紀・ヘスペリア紀の古火星における全球気候・河川輸送シミュレーション」
  • 16:45-17:30 総合討論
  • <懇親会>

参加方法・問い合わせ先

  • オンラインのため参加登録は必要在りません.
  • ZOOM 接続希情報等問い合わせは CPS 受け付け までメールにて.

世話人

  • 小玉貴則, 石渡正樹, はしもとじょーじ, 中島健介, 樫村 博基, 高橋芳幸, 林 祥介

主催・共催

  • 惑星科学研究センター CPS
  • アストロバイオロジーセンター ABC
  • 惑星大気研究会 WTK